投資によって得られる利益|カンタン収益ゲット方法

ネットの利用

町の夜景と月

不動産投資会社は、各地に存在し、地域の評判は入手し易い。販売価格等も地域性もあるが、住居用なら2000万から、3000万が大方の相場のようである。 都心には、不動産投資会社が数多く存在し、その評判を地方で把握する事は難しいが、インターネット等で資料を入手し、地元の同業者にその評判を尋ねるのも良い。 都心の不動産投資会社の販売物件の主流は、ワンルームタイプであり、2000万から3000万のものと、3000万から4000万タイプに大きく分けられるようである。 不動産投資会社の説明によると、安い方は、社宅向きであり、高い方は、都心の高給取り向けと言うことのようである。地方からの問い合わせには、物件の評判について地元の新聞の評判記事を送ってくるが、最終的には現地に出向いて確認する事が賢明と考える。

大都市の不動産投資会社が顧客として狙っているのは、地方に住む相続対策を控えた中高年者のようである。 借り入れをして、物件を購入し、その家賃収入で借入金を返済していく方式のようである。不動産の管理は不動産投資会社が行う場合いが多いようである。 家賃収入と返済金の関係は、単純計算で3パーセント位なので、投資効率としては、余り魅力的でないので、その点を問い合わせると、相続税対策としての説明を色々してくる。 現金よりは、不動産に転換すると評価は下がるし、借入金は、マイナス資産として寄与するから、相続税の節税になることは確かである。 いざと言う時、リート債権の様に売りに出せる訳でもなく、そこのところも含めて慎重に選択すべきであろう。不動産投資会社には、気になる疑問点を投げかけ、その対応を見計らって識別していく事が肝心のようである。

このページのトップへ